マイクロチップ

(環境省 HPより)
動物愛護法で、犬猫などの動物所有者は、自分の所有であることを明らかにするために、マイクロチップの装着等を行うべき旨が定められています。
また、特定動物(危険な動物)や特定外来生物を飼う場合には、マイクロチップの埋込みが義務づけられています。
大きさは、直径2mm・長さ8~12mmの円筒形。
電子標識器具内臓の生体適合ガラス製。世界で唯一の15桁の数字番号を記録させています。
番号読み取りは、全国の動物愛護センター・保健所・動物病院に「読み取り機」を配備。
埋め込み料のほかに、データーベース登録料が別途1000円必要です。
一番気になるのが、埋め込むときの痛みです。環境省HPによれば、「普通の注射ぐらいで鎮静剤や麻酔は使用しない」とのことです。
獣医師が行います。
災害が起きて行方不明になったり、迷子になったりしないとは限りません。
万が一のためにもマイクロチップをおすすめします。

 

福岡のペット火葬・葬儀・供養・埋葬に携わる 愛情ペットセレモニーをよろしくお願いします