哺乳類の洞毛(どうもう)

「猫のひげは切らない」で触毛の話をお伝えしましたが、もっと詳しく分類すると洞毛(どうもう)・血洞毛(けつどうもう)とよびます。
触毛は対象生物が広く総称して指します。
洞毛(血洞毛)は、哺乳類の顔や前脚のうらなどに生えている感覚が伝えられる毛のことを指します。
猫ちゃんの他、ネズミ・モグラ・狐・アライグマ・アザラシ・ラッコなども同じように洞毛(血洞毛)をもつ動物。
生きるために、毛の先端まで神経を研ぎ澄ませているなんて凄いことだと思います。

 

福岡のペット火葬・ペット葬儀・供養埋葬の愛情ペットセレモニーを宜しくお願いします