犬フィラリア症

犬フィラリア症は、犬糸状虫というフィラリアの一種が寄生する病気です。
白く細長い虫が犬ちゃんの心臓や肺動脈に寄生し、ミクロフィラリア(幼虫)を血液へ流します。
その犬ちゃんの血を吸った蚊は、血と一緒に幼虫を吸い込みます。蚊の体内で幼虫は成長し、蚊の媒介で他の犬ちゃんの寄生を始めます。
寄生した幼虫は、皮膚の下で生き続けやがて血液に移動、最終的に心臓や肺動脈にたどり着き、雄雌がそろうと幼虫を血液へ。
外科的治療は体に負担が大きく見える虫を取り除くだけ、内服すると薬で死んだ幼虫が血管を詰まらせる場合も。
予防が一番の方法。定期的な獣医師による投薬や塗布を行うことが必要です。
咳が出て、毛の艶がなくなる・痩せる・貧血・息が荒くなるなどを経て、やがて呼吸困難で死に至ります。
猫ちゃんもフィラリア症に気を付けてください。

 

福岡のペット火葬・ペット葬儀・供養埋葬の愛情ペットセレモニーを宜しくお願いします