猫の不治の病

現在、猫の不治の病と言われている病気があります。
伝染性腹膜炎(FIP)とよばれているもので、治療法はありません。
コロナウイルスが、唾液や排泄物から感染し体内に入ります。
体内に入ってすぐ何か起きるというわけではなく、免疫低下やストレスでこのウイルスが突然変異をして発症します。
すべての感染した猫ちゃんが、発症するのではありません。
今回の伝染性腹膜炎(FIP)の存在は、保護活動をしていらっしゃる飼い主様から教えていただきました。
猫白血病でもご紹介しましたが、唾液・排泄物などから感染する病気の中にこのような不治の病があることも知っていただきたいと思います。
教えてくださった飼い主様に感謝しつつ、皆様の猫ちゃんが病気になることなく健やかに幸せに暮らすことを願っております。

 

福岡のペット火葬・葬儀・供養・埋葬に携わる 愛情ペットセレモニーをよろしくお願いします