盲導犬と聴導犬

世の中には、からだの不自由な方々がたくさんいらっしゃいます。
車椅子・白い杖・盲導犬を連れている方々は一目で障がい者とわかりますが、そう見えない方もいます。
例えば、聴覚障がい者の方です。目は見えているけれど、耳が聞こえない。
人の話はもちろん、車のクラクションや緊急自動車のサイレンが聞こえません。
聴覚障がい者の生活を助けるために、聴導犬がいます。
聴導犬は、ユーザーさんである聴覚障がい者に音が発生していることを知らせます。
盲導犬や聴導犬を連れていると、お店に入れないことがよくあるそうです。
この犬ちゃんたちは清潔にし、きちんとトレーニングを受けています。
障がい者差別解消法施行から1年、勇気を出して外に出ている方々を少しでも理解したいと思います。

 

福岡のペット火葬・葬儀・供養・埋葬に携わる 愛情ペットセレモニーをよろしくお願いします